―――病院―――

天利「そうですか、まだ会えませんか・・。」
看護師「はい、よほどショックだったらしく。」
天利「わかりました、僕はこれで帰ります。あ、せめてお土産だけでも渡しておいてください。」
看護師「はい、必ず渡しておきます。」
天利「お願いします。」

瀬間が用務員の元から助け出されてから二週間が経ったが・・。
瀬間の身体は問題ないらしい。問題は心の傷を負ったこと。
遅くまで残業した日以外は毎日お見舞いに来ているのだが、会いたくないと門前払いを受けている。

瀬間・・僕はこれからもこれる日は毎日来るつもりだ。
そしてまた学校に来てもらいたい。
もう変なヤツはいないはずだ・・いや、もしいても今度は僕が何とかする。教師として。

内田「天利先生も瀬間さんのお見舞いですか?」
内田先生に病院の玄関で出会った。
天利「はい・・ですが、いつも通り門前払いです。」
内田「そうでしたか・・早く、元気になってもらいたいです。」
天利「そうですね・・僕がもっと早く助けていれば・・。」
内田「天利先生、御自分を責めないでください。あの時点で天利先生が助けなければもっと大変なことになっていたんですから。」
天利「内田先生・・あの、これから一緒に食事でもどうでしょうか?」
内田「はい、喜んで。」

二人は夜の街に消えていった。
・・食事の後、二人は天利のアパートに泊まった・・。



――― 一方病院内、瀬間は・・

村木「瀬間さん、断りましたがほんとによかったんですか?」
瀬間「いいんです。私は先生に会わす顔はありませんから。」

村木「・・私は瀬間さんに何があったか知りませんが、ずいぶん面倒なことをしていますね。」
瀬間「面倒?」
村木「瀬間さんはあの先生が好きなんですね。」
瀬間「・・違います・・。」
村木「そう、まあ私としてはどうでもいいんですが、もう一人女の先生が来ていましたよ。」

瀬間「・・それで?」
村木「一緒に行っちゃいましたよ。恋人みたいに見えました。」
瀬間「私には関係の無いことです。」
村木「そうですよね、私なら好きな相手はとっとと自分のモノにしますから。好きな人へアプローチしない人のことはどうでもいいですよね。」
瀬間「・・そうですよ。」
村木「まあ、私は既に結婚している身。自分のことでないですから別に口出しする必要はありませんよね。」
瀬間「・・そうですよ。」

村木「若い私は看護師としては三流ですが、先に恋愛と結婚を経験した先輩としてアドバイスくらいは出来ますが。」
瀬間「・・」
村木「今、暇なのですが、関係ないなら私のアドバイスなんて聞く必要はありませんよね。失礼します。」

瀬間「待って。」
村木「何か?」
瀬間「・・その、今の私には関係ないけど、そのうち必要になるかもしれないから・・聞いてもいい・・。」

村木「ふぅん、じゃあどんな話がいい?男受けする方法から責任を取らせる方法まで色々あるけど。」
瀬間「ほんとに今の私には関係ないけど、村木さんから見て私はどういう話を聞くのがいいと思う?」

村木「(にやぁ。うふふ、楽しい、楽しいわこの子。もう聞きたくて聞きたくて待ちきれない感じ。ああ、この優越感、最高。)」
瀬間「村木さん?」
村木「ごめんなさいね、どの話がいいかちょっと考えてたの。」
瀬間「それで、私に合う話は見つかりましたか?」
村木「ええ、あったわ。」
瀬間「村木さんが暇だって言うし、聞いてあげてもいいよ。」

村木「うんうん。じゃあ、仮の話をするわね。」
瀬間「仮?」
村木「そう、例えばね、ある女の子Aちゃんには好きな人Bくんがいるの。」
瀬間「それで?」
村木「BくんはAちゃんに興味はあるみたい。だけどCさんと付き合ってるの。」
瀬間「・・それで?」
村木「ふふ、AちゃんとCさんのどっちの話をしてほしい?」
瀬間「どういうことですか?」
村木「男が一人で女が二人いるわよね?AちゃんとCさん、どっちをBくんとゴールインさせたい?」
瀬間「どっちの話と言っても、どっちのパターンもあるのですか?」
村木「そう、今は未来が不確定な状態なの。BくんがAちゃんとゴールインする場合、Cさんとゴールインする場合、どちらもありえるわ。」
瀬間「どちらでもいいです。」

村木「ちゃんと選んで。あ、BくんがAちゃんもCさんも選ばない方向もあるけど。」
瀬間「それは意味あるんですか?」
村木「もちろん、少なくても、あなたが考えていることが全てじゃないと思って。」
瀬間「・・では、AちゃんがBくんとゴールインする方法でお願いします。」
村木「ふーん、ふぅーん、どうしてそう考えたのかなぁ?」
瀬間「・・もういいです。出てって下さい。」
村木「まあまあ、AちゃんがBくんとゴールインする方法ね。」
瀬間「はい。」

村木「そうね・・まず、瀬間ちゃんはどう思う?」
瀬間「私が聞く立場だと思ったのですが?」
村木「まあまあ、これもアドバイスに必要なのよ。」

瀬間「・・Aちゃんはもう少しBくんにアピールするべきだと思います。自分の魅力を伝えてもっと自分を気にしてもらうようにしたらどうでしょう。」
村木「うんうん、いいと思うよ。」
瀬間「そしてCさんと一緒にゴールインします。」
村木「・・レズ?」

瀬間「違いますっ。その、BくんはCさんと付き合っているし、Aちゃんにも興味があるのでしょう?なら両方と付き合えばいいじゃないですか。」
村木「驚いた。二股OKなの?」
瀬間「そんなわけありません。ですが・・それでも、好きな人と一緒にいれないよりはいいと・・そう思います。」

村木「うふふふ、あははははっ。」
瀬間「何が楽しいんですか?次は村木さんのアドバイスをお願いします。」
村木「ああ、ごめんね。すっごく真剣だったからつい、ね。」
村木「えっと、私からのアドバイスだけど、あなたが考えた通りやってみるのがいいと思うわよ。」

瀬間「何ですか?その回答は。もっとまじめにやってください。」
村木「真面目真面目、大真面目よ・・今後もずっと私のアドバイスを受けるわけにはいかないでしょう?」
村木「あなたが付き合っていかないといけないんだから。あなたの考えで行けばいいのよ。」

瀬間「・・それで振られたらどう責任とってくれるんですか?」
村木「振られたら別の人を捜せば?」
瀬間「それじゃあダメなんです。別の人ではダメなんです。」
村木「ふーん、だれがいいのかなぁ?」
瀬間「し、知りません。」

村木「そうなのぉ?ふふ、まあいいわ。でもね、あなたの考えでまずはやってみなさい。」
村木「それでもダメならアドバイスでも協力でも何でもするわ。あの優男に責任とらせるなんて簡単よ。なんなら私が試してみましょうか?」
瀬間「冗談でもやめてください。うー、初めからアドバイスする気は無かったんですね。」
村木「これもアドバイスの一つだと思うわ。あなたが自分で考えてアタックするのが大切なの。成功すればよし。失敗したら次に向けて成長できるからね。」
村木「でも、人からのアドバイスしか実行できなくなったらあなた自身が成長しないままよ。」
瀬間「ぶー、もう、それでいいです。」
村木「まあまあ、ほんとに振られたら協力するから、ね、機嫌直して。」
瀬間「機嫌直すも何も、別に怒ってませんから。」

村木「そう?ならいいわ。じゃあ今度あの先生が来たら無条件にこの部屋入れるからね。」
瀬間「え・・。」
村木「会える時は会っときなさい。がんばって二股かけられてね。」
瀬間「もう出てって下さい。」
村木「はーい。うふふ、他人の恋愛って楽しい。」
瀬間「とっとと行けっ。」
村木「あらあら、じゃあまた様子見に来るわね。」

村木さんは病室から出てった。
うー、あの人はどういうつもりだろうか?ただ楽しんでいるだけだろうか?
・・でも、先生は私なんか相手してくれるだろうか?
二股・・か。遊びでもいいから時々そばにいてほしい。
抱きしめて、愛の言葉を紡いで欲しい。

瀬間「どうすれば先生は私の相手してくれるかな・・?」
村木「ふふ、同情を誘うんですよ。同情と引き換えに優しくしてもらい、学校へ行く交換条件として愛してもらうんです。」
瀬間「なっ、何覗いているんですか?」
村木「身体の関係を結んだら他の女よりもいい女だという所をどんどん見せつけてやりなさい。」
村木「自分との関係を他の女に教えちゃうのもいい手よ。」
瀬間「出てけっっっ。」
村木「はーい。あ、重要なのはタイミングだから。結果を想定して動いてね。」

村木さんは出ていった。
まったく、あの人は・・。
・・同情を誘って優しくしてもらい、学校へ行くことを交換条件に愛してもらう・・か。
・・ほんとにそうなるかな?天利先生に愛されるのかな・・でも、愛されたいな・・。

・・
眠れない・・。
今は夜。既に就寝時間になっているのだが、寝付けない・・。
うー、村木さんが悪いんですよ。あんなこと言うから・・。
瀬間「少し散歩しましょうか。」

こっそり病室を抜け出し夜の病院を散歩する。
もちろんいけないことなのだが、今日はそういう気分だった。

看護師さんの見回りをかわし、中庭にたどり着く。
月明かりが綺麗で、神秘的な感じがする。

何となく、妖精さんになった気がしました。
中庭でくるっと回転して見る。

・・恥ずかしくなったので病院内に戻ることにしました。

あんまりやり慣れないことはやるもんじゃないですね。
ほんとにそう思う。だれにも見られなかったのが幸いだろう。

?「ああああっっっ。」

! 女の人の声っ。
いったい何が起きたのかドキドキしながら声のする方へ向かう。
そこは個室の病室だった。
先生と患者さんが・・セックスをしている。

hanewa

医者「羽和さんの身体はこんなにも素直になりましたね。」
羽和「あ、いや・・そんなこと・・言わないでください。」
医者「ん?昼間の回診の時、熱い目で私のことを見ていたじゃないですか?」
羽和「それは・・その・・。」
医者「何を考えていたんですか?」
羽和「あんっ、それは・・毎日先生がしていることを・・。」
医者「具体的には?ほら、言うんだ。」
羽和「・・あ、あの・・せ、先生が私にセックスさせていること・・です。」
医者「昼間からされたかったんだろう?こういうことをされたかったんだろう?」

医者は激しく腰を打ち付ける。女性は一突きされるたびに高い嬌声を上げる。
羽和「ああああああっっ・・あなた、ごめんなさい・・。」
医者「旦那なんて忘れて、私のモノになりなさい。いっぱいかわいがってあげるよ。」
羽和「そんな・・私は、私はあの人を愛して・・。」
医者「ならやめようか?オレはいいんだぞ。別にやめても。」
羽和「ああっ、それは・・。」
医者「やめていいのか?ほらほら、抜いちゃうぞ。」
羽和「いや・・やめないでください。あなたのモノになります、なりますから。」

医者「なら今日こそは中に出させてもらうぞ。」
羽和「!!!」
医者「中だけはダメだってずっと言ってたもんな。オレのモノになるなら当然だろ?ほら、おねだりしろよ。」
羽和「それは・・それだけは・・。」
医者「オレはやめてもいいんだぞ。どうしてもして欲しいなら言えよ。」
羽和「・・あ・・あ、あの、その、わ、私の、私の中に・・ください。」
医者「何をだ?ちゃんと言うんだ。」
羽和「あぅ、ください。先生の精子を注ぎ込んでください。先生を愛しているんです。」
医者「くくく、わかった、出してやるぞ。そこまで言われちゃあな。」

ドクッドクッドクッドクッドクッ。
羽和「あああああああああああっっっっっっ。」
医者「くっ、出してやった、出してやったぞ。」
羽和「先生・・。」

hanewa

医者「羽和、お前はもうオレのモノだ。旦那と別れてオレの女になれ。」
羽和「はい・・。先生はひどい人です。人妻と知っておきながら私にこんな気持ちにさせるなんて・・。」
医者「オレは欲しいモノは手にいれる。たとえそれが他のヤツのモノだろうとな。」
羽和「悪い先生。でも、そんなあなたを好きになってしまった私も悪いのね。」

・・
瀬間は急いでその場を離れ、自分の病室へ戻ってきた。
衝撃だった。人妻と医者の不倫現場を覗いてしまったのだから。
すごく気持ちよさそうだった。すごく乱れていた。
好きな人とすればあんな風になるのだろうか?
私も天利先生と一つになればあんな風に・・。
・・でも、一つ思ったことがある。
もし、内田先生が他の男とのセックスで感じ、乱れるくらい気持ちよくなれば、天利先生を諦めてくれるかも・・と。

ぶんぶんぶん。首を振り、その考えを否定する。
私が内田先生よりもいい女になればいい。自分の魅力で天利先生を射止めよう、そう思った。
inserted by FC2 system