欧樹「全部嘘でした。今までの話は俺の想像です!!」









































































































・・だったらよかったのになぁ・・。

”あなたは明日午前0:00に死にます”

呪いとか無いと思ってたけど、全部・・あったんだ。
みんなが転送したメールの”呪い”は、このパソコンについたウィルス・・と思っていた”呪い”が打ち消していたのか。
つまり俺は死ぬってことだよな。それも今夜。

欧樹「会話出来るなら教えてくれよ。お前たちは何者なんだ?」

”その質問は、人間が何者なにか問うのと同じこと”

・・なるほど・・よくわからん。

欧樹「もう少しさ、噛み砕いて言ってくれない?」

”何者であるかという認識は主観で変わり正しい答えはあってないようなもの”
”強いて曖昧に言うなら「想い」の結晶体。「精神」だけの存在。もしくは「寄生虫」”

なるほど・・さっぱりわからん。
細かい定義は置いといて、現実的に・・

欧樹「呪い、なんとかなりませんか?」

”殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺ぽ殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す”

あはははは・・画面いっぱい主張しなくていいと思うんですよね。
もっと平和的に・・無理か。
そういや以前ネットサーフィンしてた時”もし今日が人生最後の日ならなにをする?”っていうのがあったな。
リアルに直面するとなにしていいかわからないな。
なにをするにも・・遅すぎる。

もっと親孝行をしたかった、もっといっぱい遊びたかった、もっと恋をして、もっと笑って、もっと幸せを感じたかった。
80年の人生全て使っても満たせるかわからないのに、あと1日じゃどうしようもないじゃないか。
なんで俺なんだ?そりゃあメールの呪いは俺が呼びこんだものだけどさ・・パソコンの呪いは俺知らないよ?
理不尽だよ。世の中は平等じゃないの?アフリカで苦しんでいる人を助ける人はいても、俺を助ける人はいないの?
俺がなにしたっていうんだ。
真面目に生きて・・成績は微妙だけど俺だって望んでバカやってるんじゃない。
出来るやつと出来ないやつがいるだけだ。俺が出来ない側にいるだけで・・いやよそう、そんなこと言っても無駄な時間を使うだけだ。

そういや人生最後の日でもいつも通りの生活をするって意見があったっけ。
うーん、これはかっこいい気がする。
よし!いつも通りの生活をする。その中で幸せを見つけて行こう!!
今日は素敵な日だった、思い残すことは無い・・そう思える一日にしよう!!!
まずは・・清水先生とキスだな。
呪いのことを話せば同情してそれ以上もしてくれないかな・・。
ちょっと早いけど仕度をして学校へ向かった。

・・
・・・・

いい天気だ。
俺はこの景色を目に焼き付けておこう。いい思い出になる。

いつもより早く家を出たからか、見かける人もいつもと違う。
新鮮な気持ちにさせてくれる。最後の一日、悔いのないよう過ごそう。

男1「だーかーらー、オレたちについてくればいいんだって。」
男2「お金持ってないんでしょ?割のいい仕事あるからさ、すぐ終わって大金もらえる仕事。」
女の子「ですが、これから学校が・・」
男1「ああ!?お前が連れにぶつかったせいで足骨折したのに”学校がありますから〜”で済むと思ってんのか!?ああ!?」
男3「あーいてー。あにきーいてーよ死にそうだよ。」
男1「あーあ、このままじゃこいつ死ぬかもな。お前殺人者だわ。この殺人鬼が!!」
女の子「ひっ・・。」
女の子に絡んでるのはヤクザか?どうみてもいちゃもんかけてるだけだな。
かわいそうに、女の子泣きそうになってる。
・・俺の人生最後は夜中まで持たないかもな。

普段なら通報すらせず見て見ぬふりをするだろうが、今日の俺は違う!
どうせ死ぬならかっこよく死にたい。

とはいえなにか武器はないかな・・・・んっと、蜘蛛の巣か・・・・これでいくか。

・・・・

男2「すぐ帰れるからさ、多分授業にも間に合うって。だから大人し〜くオレたちについてきてよ。」
男1「オレらも大人しく言うこと聞いてくれてたらなーんも怖いことしないから。」
女の子「ほ、本当ですか?」
男1「いいから黙ってついて来いやボケぇ!!」
女の子「あぅっ・・。」

欧樹「はいちょっとすみません、これプレゼント。」
俺は足を骨折したという男の目の前に、直径が親指くらいのサイズの蜘蛛を突きつけた。

男3「うわぁ!?」
男が驚き逃げ出そうとする。

欧樹「よかったですね、足、大丈夫そうですよ。」
男3「あ・・」
蜘蛛に驚いた男は走って逃げようとしていた。

男2「なんだお前は?」
欧樹「通りすがりだよ。やる気か?」
男2「上等だ!3人相手して無事で済むと思うなよ。」
構わんさ。その間にあの子が逃げてくれればそれで十分だ。

男1「おい行くぞ!」
男2「へ?ですがこいつが・・。」
男1「目を見てみろ。そいつ相手にしてほんとに怪我でもしたらシャレになんねえぞ。」
男2「で、ですが・・。」
男1「くどい!」
男2「す、すみません。」
男たちはそのまま去っていった。
助かった・・のか。
にしても俺そんな変な目してるの?

女の子「助けていただきありがとうございました。」
欧樹「怪我とかしてない?」
女の子「はいっ。あの・・これから学校へ行かなければならないのですが、後日お礼をしたいので、連絡先を教えていただけませんか?」

欧樹「俺はお礼とかしてもらいわけじゃないから。じゃあね、遅刻しないように。」
”後日”なんて俺にはないもんな。かわいい子だったしもったいなかったけど、ま、しゃあない。

女の子「せめてお名前だけでも。」
欧樹「覚える必要ないよ。」
どうせ今夜死ぬんだ。覚えたって無駄さ。

・・
・・・・

学校についた俺は少し考えてみた。
どうせ死ぬなら最高にかっこよく死にたい。
さっき女の子助けたのはよかった。あんな感じあんな感じ。
で、俺に出来ることといえば・・・・みんなの代わりに呪われることくらいかなって。

昨日クラスだけでも結構いたんだ。つーか49件、クラスの人数より呪いの方が多かったよ。だれか2件以上送ったな。
うちの学校大きいからな。学年、いや学校全体で困っている人や苦しんでいる人がいると思う。
そういう人たちの受け皿になれればいいよな。どうせ死ぬのは決定事項だ。

俺は下駄箱近くの掲示板に学年、クラス、名前、メールアドレス、そして”チェーンメールの送り先に困っている方はこちらへどうぞ”と書いておいた。
これでいい、あとはこれを見た人が送ってくれるだろう。
・・いや待てよ。勝手にこんなことしたら怒られるかな・・。
一応先生に了解とっとくことにしよう。
俺は清水先生に電話をかけることにした。
ついでに会ってキスも・・えへへ。

・・
・・・・

アドレス帳から清水先生の番号を見てちょっと顔をにやけながら電話をかける。
プ、プ、プ、、プルルルル、プルルルル、プルルルル、プルルルル・・。
中々先生出ないな。もしかして出勤途中で車の中か?

清水先生「・・もしもし。」
やった、先生が出てくれた。

欧樹「先生今学校にいますか?俺学校へ来たんですがちょっと相談したいことがありまして。」
清水先生「・・・・・・・・」
欧樹「先生?」
電波遠いのかな?

清水先生「ご、ごめんなさい・・あ、あのね、先生心霊現象研究部の部室に・・いるの・・んっ。」
欧樹「心霊現象研究部の部室?」
清水先生「あ・・ちょ、ちょっと部室まで・・き、来てくれっないっ、んっ・・かしら。」
先生どうしたんだろう?

欧樹「わかりましたけど、先生どうしたんですか?体調悪そうですよ?」
清水先生「・・だ、大丈夫だか、ら。あん!?と、とにかく来て、ね。」
そして電話は切れてしまった。
先生どうしたんだろう?心霊現象研究部になにか用でもあったのか?
もしかして俺の除霊を頼んだり・・いやまさかな。清水先生は”死のチェーンメール”の件が解決したと思っているはずだ。
とにかく行ってみよう。

・・
・・・・

ここだな。
こんこん・・返事が無い。
がちゃ。

欧樹「失礼しまーす。」
中は普通の部室だった。ちょっと男臭いかも。
清水先生はいないな・・ん?
黒板に”粟島欧樹くんへ。奥の準備室へどうぞ”と書かれている。
準備室かぁ。結構いい環境なんだな心霊現象研究部って。
俺は準備室の扉を開ける。

準備室に入ると、まずむあっとした空気と人の声が聞こえた。
そして俺の視界には・・・・背もたれを倒したソファーで、2人の男と裸でセックスをしている清水先生が映った。

亀頭「ようこそ心霊現象研究部へ。粟島欧樹くん。」
玉袋「んーふー、んーふー・・おっっ・・おっおっおっ・・。」
ドクンッ、ドクンッ、ドクンッ・・ビュルビュルビュル・・。
清水先生のあそこを犯していた男がイった。

玉袋「おっほー。良かったよー清水ちゃん。」
清水先生「・・」
玉袋「だめでしょ清水ちゃん、教えた通りにしなきゃ。」
清水先生「は、はい・・玉袋様の、き、貴重な精子を出していただきありがとうございます。」
精子を出してって・・・・ゴム使ってないのか?妊娠してしまうんじゃ・・ごくっ。
始めて生で見る女性の裸体。しかもセックス・・それも2人の男にあの清水先生が犯されている。
気がつくと俺の一物はギンギンに大きくなっていた。
でも、清水先生どうして・・?

亀頭「キミが清水先生とそれなりの仲だったってのは知っているけど、悪いね。清水先生は俺たちのモノなんだ。」
欧樹「ど、どういうことだ?」
亀頭「今言った通りだよ。見ればわかるだろ?俺たちはこういう仲なんだ。」
欧樹「・・」
そりゃあ見ればセックスしてることくらいわかる。
でもなんでだ?清水先生はついこないだまで俺とあんなに熱いキスをしてたじゃないか!

玉袋「ひゃはは、お前ふられたんだよ。清水ちゃんはオレらとセックスするのが好きなんだよな?」
清水先生「・・・・は、はい。」
玉袋「だってさー。清水ちゃんいい子だからもう一発精子出してあげるよ。」
亀頭「玉袋くん、ボクもそろそろ・・ここは一緒に出してあげないか?」
玉袋「了解でっせ部長。清水ちゃんに中出し清水ちゃんに中出し清水ちゃんに中出しぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっっっっっ」
亀頭「ん・・・・くぅっっ」
ビュルビュルビュルッ・・ビュッ、ビュッ・・。
ドクンッ、ドクンッ、ドクンッ・・ビュルっ、ビュッ・・。

清水先生「んん・・・・・・・・あっ、はぁ、はぁ・・亀頭部長様と玉袋様の熱い精子をくださりありがとうございました。」
先生どうしちゃったんだよ。なんであんな男たちのいいなりになってるんだ?

simizusennsei

亀頭「朝の一発は中々いいものですね。さて粟島くん、清水先生については見た通りです。キミはもう関わらないように。」
玉袋「ガキにはもったいない身体だもんな。オレらがた〜っぷり堪能してやるからガキはオナニーしてな。」
・・確かに清水先生は綺麗で魅力的な裸体をしている。
それがあんな男たちに弄ばれて・・。
くやしいと思いながら、俺はどうすることも出来ないまま心霊現象研究部を去った。


・・
・・・・

教室に戻った俺はひどく落ち込んでいた。
だってそうだろ?清水先生があんな男たちのいいなりに・・くそっ。
恐ろしく、おぞましく、信じたくないものだった。
なにより信じられなかったのが、あんなひどいことをしていたのを見ただけで、俺のモノが反応してしまっていたことだった。

藍原「うわー早いね粟島くん。おはよう。」
欧樹「お、おはよう藍原さん。」
藍原「ねえねえ、掲示板にあれ書いたの粟島くん?」
欧樹「・・あああれね。うんそうだよ。クラスだけで結構困ってた人いたでしょ?なら困っている人を助ける範囲をもう少し増やしてみようかなってね。」
藍原「はー凄いね。お金とれるかもよ。」
欧樹「はははお金なんていらないよ。」
もらってもどうせ使う暇なんてないんだ。

藍原「うわー。聖人君子がここにいるよ。」
欧樹「そんなんじゃないよ。俺は俺が出来ることをするだけさ。」
最後くらい思いっきり無茶をしてみたいじゃないか。
それでみんなが喜んでくれるなら、それもいっかなって。
もしかしたら将来俺のメールアドレスが”チェーンメールの転送先”として超有名になったりして。
死んだあともみんなの守護神として信仰の対象へ・・って妄想しすぎだな。
実際はただの惨めなふられ男さ・・。

渡瀬「おはよう・・粟島くん思い切ったことしてくれたね。」
藍原「渡瀬さんおはよう。粟島くんすごいよねー。」
欧樹「おはよう。」
なんか、渡瀬さんのニュアンス変じゃなかった?
まるで俺が悪いことしたみたいな・・。

渡瀬「チェーンメール転送してきてる?」
欧樹「来てるよ。今のところ32,3件くらいかな。送られてくる間隔がどんどん短くなってきてるからもっと増えそう。」
渡瀬「ほんとに死んじゃうよ?」
欧樹「そしたらさ、世界中のチェーンメールを俺のアドレスに送ってもらうようにしてよ。俺が霊になって処理するから。」
渡瀬「(ぼそっ)・・困る。」
欧樹「ん、なんだって?」
渡瀬「・・なんでもない。」
藍原「掲示板みんな見てってるのかな?」
渡瀬「人だかりが出来てる。」
盛況でなにより。ってなんか携帯がずっとメール受信しっぱなしなんだけど、今何件来てるんだ?

・・
・・・・

女生徒1「ねえねえ、チェーンメール転送していいって人がいるんだって。」
女生徒2「なにそれ?」
女生徒1「下駄箱近くの掲示板あるでしょ?あそこにメールアドレス載せてあるよ。」
女生徒2「だれかのイタズラなんじゃない?いじめかもよ。」
女生徒1「それがね、本人に確認して来たら本当だったの!もう携帯ブルっぱなしだって。」
女生徒2「・・本当なの?送っちゃって大丈夫なの?」
女生徒1「私もう送っちゃったわ。アドレス知りたいなら教えよっか?」
女生徒2「・・うん、お願い。」
女生徒2「(お姉ちゃんにも教えてあげなきゃ)」
うわさはあっという間に学校中へと広まった。
休み時間になると欧樹の携帯はメールを受信したとひっきりなしに伝えていた。

・・
・・・・

授業が終わり家に帰って自室へ。
部活は休んだ。
休み時間の間ずっとチェーンメールのことで色んな人がやってきてたからちょっと疲れたんだ。
部活行ってもその話ばかりすることになるだろうし。

欧樹「あれ?」
朝起きた時と帰宅した時はパソコンが自動的に起動していたのに、今日は起動していない。
どうしたんだろう?
今日が俺の最終日だから恐怖を増大させようってことか?
・・どうでもいいか。未来が変わるわけじゃない。

さて、と。
今日は俺が夕ご飯を作ろう。
突然親孝行したいと思っても、中々出来ることってないよな。
とりあえず夕ご飯作って肩揉みくらいしようと思う。
・・今日で死ぬってのにゲームしようとか思わないんだな。
いつもはゲームゲームってうるさいくらいやるのに・・もしかして、俺にとって本当に必要な物以外は見えなくなっているのかも。
だとしたら少しだけ呪いに感謝だな。
今日はいつもと全然違う、色んなことが出来て満足だった。
もし呪いが無ければこんなことは今後も無かっただろう。

・・
・・・・

夕ご飯作って肩揉みしたら、親から心配されたのはおいとこう。
俺は今まで大事なことから目をそらしていたのかも。
宿題を終えてふとそう思った。
必要もないのに明日の準備をして、今までの人生を思い出す。

幼稚園や小学校の頃のことはあまり覚えていない。
断片的なシーンを覚えてたりするが、どういう状況なのかとかはさっぱりだ。
中学校は勉強が嫌で嫌で宿題もよくサボったな。
部活が楽しくて朝練にも参加するほどだった。
高校に行ってからはもうそのスポーツはしていない。
熱が覚めたというわけじゃないけど、うちの高校には道具が無かったから・・なのかな。
だらだら学校行ってゲームして、その繰り返し。
楽しいけど代わり映えの無い毎日だったと思う。
きっとこのまま進学して就職して死ぬんじゃないかってくらい。
それが、こんなところで終わるなんてな。
・・ちょっと泣けてきた。

人生が素晴らしかったかどうかは死ぬ時じゃないとわからないと思う。
じゃあ俺の人生は素晴らしかったのだろうか?
・・答えを出すには早すぎか。10代でわかるわけない・・ということは全然素晴らしく無かったのかもな。
・・・・寝よう。
まだ10時。
いつもなら最低でも12時までは起きているのに、今日に限ってなにかしたいと思わないんだから。
人間って不思議な生き物だよな。
あーあ、結局”いつも通り”の生活は無理だったな。でも・・充実していた。

おやすみなさい、父さん、母さん、みんな。

inserted by FC2 system